Mon Oncle

ジャック・タチの「ぼくの伯父さん」のDVDを見返しました。

パントマイム芸人出身のタチは、ヨレヨレの帽子に丈の短いコート、

パイプをくわえて前のめりに歩くユロ氏という

映画史に残るキャラクターを生み出しました。

ノスタルジックで軽快な音楽、映像と音のずれによって生み出されるオフビート感。

タチのセンスはクールで新しく、その世界観はヌーベルバーグの映画のみならず

建築、インテリア、美術、音楽、サブカルチャーに大きな影響を与えてきました。

この作品を見ていると、どうしても笑いの要素のほうに目を奪われがちでありますが、

根底には、チャップリンの「モダンタイムス」やフィリッツ・ラングの「メトロポリス」などが投げかけた共通のテーマを感じます。

下町と超モダンな高級住宅地、対立する二つの価値感、

行き過ぎた機械化や経済合理性の追求によって失われていくもの、

私たちが今回の原発事故でも痛感したものです。

 

 2011年7月16日